気鋭の研究者に学び交流する「知」の場。関西から発信する、(妥協しない)高品位な「知」。

トップページ主催者紹介ゼミナール 京都サロンメールマガジンイベントブログお問い合わせ

グローバルトップページ

ゼミナール 京都サロン[過去のゼミナール]

ゼミナール京都サロントップへ過去のゼミナール一覧へ
11:片山杜秀「政治と文化、どっちが大事?--大正教養主義から、丸山眞男、三島由紀夫まで--」
日時:2010年11月20日(土)午後2時~4時
参加費:7,500円(事前申し込み)
定員:7人
会場:京都市伏見区桃山水野左近東町76 京阪・近鉄「丹波橋」徒歩10分、(株)リブアート内

●ゼミナール概要

唯一絶対の正義、みんなが納得して誰も文句を言えないような真理があって、それが社会の隅々にまで実現し、世界に遍くゆきわたる。
そんなことが本当にあるでしょうか? そもそも、どんな世の中にも、老いにも若きにも、貧乏人にも金持ちにも、いつでもどこにでも、当てはまる正義や真理が存在するでしょうか。みんなが納得する正義や真理なんて、やっぱり簡単には見つけられないのではないでしょうか。
それどころか、唯一絶対の正義があると信じて、それを押しつけてくる人がいたら、実際は困るんじゃないでしょうか。そういう人たちが政治権力を握ったらどうなるでしょう? 「社会をすばらしくするために、こんな本、こんな学問、こんな娯楽、こんな映画、こんな音楽、こんなTV番組は禁止します」と言われたら、困るんじゃないでしょうか。「国家を発展させるために、とりあえずあなたの命を捧げてください」と頼まれたら、いやなんじゃないでしょうか。
すると、どうすれば? 政治を、個人の精神生活に、文化に、趣味に、芸術に、なるべく介入させない。政治をなるべく狭く限定的な役割に囲い込んでおく。特定の正義や真理に向かって政治を暴走させないようにする。人が好きなことのできるスペースをなるたけいつもあれておく。そこに尽きるのではないでしょうか。簡単に言うと、政治という狼から文化や教養や趣味といった羊を守れれば、とりあえずそれで充分ではないかということです。
そういう観点から日本の近現代の思想史を眺めると、右翼とか左翼とかリベラルとか、従来のありがちな分け方とは違った分け方ができるのではないでしょうか。大正教養主義や戦後民主主義、北一輝や大川周明や安岡正篤や丸山眞男や三島由紀夫を取り上げつつ、歴史の風景をどこか変えられたらと、考えています。
ここでひとつ重要なのは、日本を代表する政治学者で戦後民主主義の擁護者、丸山眞男が、クラシック音楽好きだということです! あとはふたを開けての御楽しみということで、よろしくお願い致します。

●片山杜秀(かたやま・もりひで)【プロフィール】

1963年宮城県生まれ。1986年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
1992年慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。政治思想史を専攻。 大学時代から雑誌・新聞に、時事コラムや音楽評、映画評などを幅広く執筆。 2008年に『音盤考現学』『音盤博物誌』でサントリー学芸賞と吉田秀和賞を受賞。
2008年から慶應義塾大学法学部政治学科准教授(政治文化論担当)。2009年から国際日本文化研究センター客員准教授。
思想史研究者、音楽評論家。
【おもな著書】 『近代日本の右翼思想』(講談社[選書メチエ], 2007年)、『音盤考現学――片山杜秀の本1』(アルテスパブリッシング, 2008年)、『音盤博物誌――片山杜秀の本2』(アルテスパブリッシング, 2008年)、『クラシック迷宮図書館――片山杜秀の本3』(アルテスパブリッシング,, 2010年)、『続クラシック迷宮図書館――片山杜秀の本4』(アルテスパブリッシング, 2010年)など。
page top